灯籠流し

tourounagashi001

お盆になると、全国各地でご先祖様を供養するための様々なお祭りが催されています。

その中でも、よく知られているのが灯籠流しです。

この灯篭流しは、死者の魂を弔うために灯篭や御供物、供花などを川に流す行事です。

灯籠流しは、日本全国の各地で数多くで行われており、お盆の最後に行う送り火の一種だと考えられています。

この世に戻ってきた先祖の魂を、再びあの世に送り出すための行事が送り火です。

灯籠流しでは、広島や京都が有名です。

広島については、原爆で亡くなった方の魂を弔うために行われていますし、京都は灯籠流しと花火大会を一緒に行っており、同じ灯籠流しでも地域によって少しずつ違いはあるようです。

一方で、精霊流しと呼ばれているものがあります。

これは主に長崎県で行われる行事のことで、佐賀県や熊本県の一部でも行われているようですが、さだまさしの歌で有名になったことで、全国的には長崎市で行われる精霊流しが知られています。

長崎県で行われる精霊流しでは、8月15日に初盆を迎える家族が精霊船と呼ばれるものを引いて市内を回った後に、川へと流します。

この精霊船は、小さいものは数10センチくらいのものですが、大きいものは10メートルを超えるものもあります。

さながら、お祭りの山車のような豪華なものです。

大きな家や会社で行う場合にはこの大きなもの何隻も連結して回ることもあります。

お盆の夜の川に幻想的に光る灯篭の美しさは、まさにこの世とおの世をつないでいる風景を連想させます。

近年では川や海の汚染問題を考え、この行事自体を禁止する自治体も増えてきているようです。

しかし、流した灯篭を下流で回収するなど、工夫することによってぜひ残していきたい行事の一種ではないかと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    精霊流しというと、物静かで、おごそかな儀式を連想する方も多いのではないでしょうか。 しかし、実際の精霊流し(しょうろう…

    灯籠とは、幾つかの説がありますのではっきりとしたことは解りませんが、一つは墓地やお寺、神社などの入り口付近に建てること…

    新盆(初盆)の行われる時期は地域によって違いがあります。 ですので、それぞれの地域に合った時期に行う必要があります。 …

    別項でお墓の主体の構成については説明しました。 それでは、今度はその周りにある装飾品についてみていきましょう。 『外柵』…

    毎年、8月4日5日には、池上の町に祈りと盆踊りの音楽があふれます。 池上本門寺大堂では、先祖代々の精霊、戦死病没、風水…

タグ

2016年7月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:仏教行事

このページの先頭へ