お墓と著作権

bosekinichosakuken

現代では、様々な形式のお墓が建てられ、先祖代々の墓に入らず『墓友』と一緒に「共同墓」や「合同墓」に入ったり、亡くなったら「自然に帰りたい」と墓石が木の代わりになる「樹木葬」や海や山に砕いた「御骨」を撒く「散骨」も珍しくありません。

もちろん、ここ池上本門寺にも合祀墓はあります。

そして、亡くなってもペットと一緒に「ペット共葬墓地」や、「○○家ノ墓」以外に言葉を墓石に刻むお墓も増えてきました。

さて、そんな中で、こんなケースもあります。

【好きな歌手の『詩』を入れたい】

こちらの場合は「著作人格権」(歌詞を作ったアーティストや作家)の許可と「著作財産権」(いわゆるJASRAC)の許可を取る必要があります。

最初にきちんと作詞者に許可を取った後、JASRACで決められた金額を納めれば手続き完了です。

【好きな作家の『一文』を入れたい】

こちらは日本文藝家協会等、著者が所属している協会に問い合わせをしてから、許可を取って使用料(料金によってまちまち)を納めます。

作家が故人(既に亡くなっている)場合だったら割とすんなり許可が下りるケースが多いようですが、ご存命の作家の場合は断られる場合もあります。

【自作の詩を入れたい】

自分で作ったオリジナルの詩や句を墓石に彫りたい方は、生前に墓石を選ぶ際に相談していただければ、見積もりプランをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

いずれにしましても、お墓を建てる前には予めよくお調べになられ、諸々筋を通してから墓石の形や刻む言葉を考え、ご遺族の皆様方にとって、悔いのないお墓を建てていただきたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    分骨とは位牌の一部を分けて複数のお墓に埋葬することを指します。 分骨をするケースで多いものは以下のとおりです。 (1)…

    埋葬許可証は、ご遺体・ご遺骨を埋葬する際に必要になる許可証のことをいいます。 役所への死亡診断書(死亡届)の提出とあわ…

    最近、お墓のお引越しを希望する方が、とても増えているようです。 その理由の一つとしてあげられるのは、地方から集団で働き…

    葬儀といえば、火葬。 現代では、当たり前となった火葬での葬儀ですが、かつての日本では土葬が一般的でした。 しかし今、土…

    近年のお墓参り事情はどのようになっているのでしょう。 最近は、埋葬方法も墓に納めるだけには留まらず、様々な方法が取られ…

タグ

2016年5月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

このページの先頭へ