首都圏の墓地~谷中墓地

谷中霊園近傍

ここ東京都大田区の池上本門寺の山内墓地には、歴史に名を残す重要人物をはじめ、かつての政財界の大立者や、時代を象徴する文化人、国民的俳優、超人気レスラーなどの現代著名人まで、多数の著名な方々が埋葬されています。

さて本日は、東京都台東区にある谷中墓地(谷中霊園)をご紹介したいと思います。

谷中墓地も、徳川慶喜や渋沢栄一など歴史上の重要人物から、俳優の森繁久彌氏などの多くの有名な人たちが眠る場所なのです。

谷中墓地のある谷中地区というのは、関東大震災や第二次世界大戦での被害が少なかったこともあって、古い町並みが残っていることから、曲がりくねった狭い路地も多く、お彼岸の日などは、お墓参りに来た人たちの車で大渋滞となります。

最近では、谷中散策という言葉があるように、若いアベックや老夫婦のカップル、外国人などの観光客がのんびり歩いている姿をよく見かけます。

付近一帯は野良猫が多いことでも知られていますが、ひなたぼっこをしている猫のまわりを4、5人の人が取り囲んで写真を撮っているのを見かけたときは、さすがに苦笑しました。

谷中墓地は、もともと感応寺というお寺があった場所で、今は天王寺となっています。

この感応寺には、明治、大正、昭和を通じて活躍した文豪、幸田露伴の有名な小説「五重塔」のモデルとなった五重塔があり、東京の名所として知られていました。

しかし、残念な事に1957年に焼失してしまい、今では跡地が残っているだけとなっています。

また、谷中墓地からほど近い場所に富士見坂という坂があります。

富士見坂は、あちらこちらで見られる数多い坂の名前ですが、ここの富士見坂は、今でも富士山が見えることで知られています。

車1台がやっと通れる程の道幅で、わりと急な坂ですが、富士山を見るべく訪れる人も多くいるようです。

因みに、幸田露伴の墓地は、ここ池上本門寺にあります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    著名人などが亡くなった際、各報道やニュースで、青山霊園や青山葬儀所という名前をよく耳にします。 特に青山霊園は、ここ池…

    自宅が都心にあってもお墓参りがしたい方に人気の民間霊園墓地、それが筑波茎崎霊園です。 つくばエキスプレス秋葉原駅から4…

    都内の一等地にありながらも緑が多く立地で宗派関係なく申し込みや手続きだけで、都内にお墓を持ちたい方や「先祖代々のお墓を…

    昔は墓地と言えば、ヒトダマが飛び交い、ゲゲゲの鬼太郎がカランコロンと歩いているような、少々オドロオドロしいイメージがあ…

    一般には、墓地を「土地の購入」だと思っている人も少なくないようです。 しかし、墓地は宅地分譲のように土地そのものの所有…

タグ

2016年2月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:首都圏の墓地

このページの先頭へ