樹木葬

jyumokusou001

火葬の後、骨壷におさめ四十九日の法要後にお墓に納骨する、というのが一般的ですが最近はお墓には入らず散骨をしたり、遺骨すら残さない、といった希望をされる方もいます。

そういった多種多様な新しい埋葬法の選択肢のひとつとして「樹木葬」があります。

樹木葬とは、埋葬の出来る霊園や墓地の敷地の中で遺骨を埋葬し木々を目印として、その近くの土にそのまま埋葬するといった方法です。

死んだら土に帰るという自然の摂理に従ったものなので、最近のエコブームも相まって樹木葬を選ぶ方が増えているようです。

お墓はないので樹木を墓標の代わりにするということです。

お墓に入らないといった面では散骨と一緒ですが、樹木葬は樹木といった目印がありますので家族はお参りすることも可能なのが大きな違いです。

墓を持たない納骨方法なので、先祖代々で墓を守っていくといったこともないので管理も不要です。

樹木葬を行っている霊園には桜の木を採用しているところも多いので、春に桜が満開になるころには花見をしつつ、お参りをするということも出来ます。

故人が花に生まれ変わったように感じられたら感慨深いものでしょう。

そのように樹木葬には様々なメリットもありますが、骨壷には入れずに土に埋葬するので一度埋めてしまうと何かあった際に骨を取り出すことが出来ませんので、注意は必要です。

また、先祖代々の墓地がある方はやはり同じ墓に入ることが望ましいと考える方もいらっしゃるでしょう。

まだまだ、一般的ではないので反対されることも多いかもしれません。

もし反対されたとしても保守的だ、などとは思わずに、自分だけではなく残された家族、親族の方にも納得してもらえるように努めることも大事です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    徐々に定着しつつある樹木葬。 しかし、まだまだ聞き慣れないという方も多いのではないでしょうか。 樹木葬とは、墓石を建立…

    近年のお墓参り事情はどのようになっているのでしょう。 最近は、埋葬方法も墓に納めるだけには留まらず、様々な方法が取られ…

    現代では「散骨」や「樹木葬」など、お墓の埋葬方法や葬儀の方法まで多様化が進んでおります。 昨今、これからのお墓の形とし…

    宗教に関係なく、葬儀で誰もが必要な〝棺桶〟。 最期に入る部屋・・・それが棺桶です。 現代の葬儀事情は、本当に自由で、あ…

    ペット愛好家の皆様にとって、家族の一員として長年過ごしてきたペットが亡くなってしまったときに、家族の墓へ一緒に埋葬した…

タグ

2016年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

このページの先頭へ