仏具の配置

butsuguhaichi001

仏具の各配置については、それぞれ個別に別項で説明を終えていますので、ここでは配置について、具体的におさらいをしましょう。

統一性の無い仏具の配置は、心の落ち着きを何となく乱してしまいます。

仏具の材質など大きさを仏壇に合った統一性のある物にし、荘厳した配置を心掛けます。

それでは、配置についておさらいをしましょう。

仏壇の上部からは、『吊灯篭』、その内側に『瓔珞(ようらく)』をさげます。

最上壇の中心に、宗派の『御本尊』や『曼荼羅』を配置して、その両脇に『脇侍』を安置します。

次の段に、『位牌』を配置します。

正面から左側が新しい位牌、右側が古い位牌を配置することになります。

分骨などがある場合もここに配置します。

ただし、位牌や仏像が多い場合、『御本尊』、『脇侍』、『位牌』、『分骨』の順に安置すると良いでしょう。

中段には、『高杯』、『仏飯器』、『茶湯器』、『仏飯器』、『高杯』の順で配置します。

前にせり出した一番下の段、あるいは経机や前卓には『三具足・五具足』を配置します。

一番下の台と経机一帯のものと考えて、経机が小さい場合、『花立て』や『常花』は仏壇側に置いてもいいでしょう。

順番は、『花立て』、『燭台』、『香炉』、『燭台』、『花立て』の順に配置します。

『香炉』の右隣前に、『鈴・鈴棒・鈴台』を置く場合もありますし、高脚の場合なら床に置きます。

その他、『見台』や『木魚』などを仏壇の近辺に置いたりします。

これが一般的な配置ではないでしょうか、当然、宗派や地域によって、この配置が変わる場合がありますので、自分の檀家や仏具店に確認が必要なことはお断りしておきます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    『茶湯器(ちゃとうき)』は、仏様にお茶や水を供える蓋が付いた湯のみの器です。 高台の上に乗せるタイプやそのまま置くもの…

    仏具にはたくさんの種類があり、その値段も千差万別です。 仏具を購入する際に重要な点は、自分の宗派の家庭の事情に合った物で…

    具足には「足りて具わっている」という意味があります。 『三具足(みつぐそく)』と『五具足(ごぐそく)』とは、宗派は関係…

    仏具の種類・名称にはどのようなものがあるのでしょう。 仏具を飾るために必ず仏壇そのものが必要です。 仏壇の他に必要なも…

    故人の位牌を納める仏壇・仏具の購入の時期ですが、死亡してから日をおかずに購入しなければなりません。 遅くても四十九日ま…

タグ

2011年8月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ