子供の参列

kodomosanretsu001

冠婚葬祭には様々なマナーがあります。

自分のことについては、想像もつくし何となく知っているよ、という程度でもマナーについては頭に入っているものです。

しかし、子供が冠婚葬祭に参列することになった場合のマナーについては知っている人はあまりいないのではないでしょうか。

冠婚葬祭の中でも特にお葬式に関しては、きちんとマナーを知っておきたいものです。

子供服でも喪服はありますが、すぐに大きくなってしまう子供に喪服を用意している方はほとんどいないかと思います。

園服などの制服があるのであれば制服で良いのですが、ない場合には家にある手持ちの洋服で選ぶ必要が出てきます。

特に子供服は、派手だったりキャラクターがデザインされていたりという洋服が多いので全身黒というのは難しいと思います。

黒、紺、茶、白など落ち着いた色を選ぶようにしましょう。

色だけでなく大人の場合と同様に光る素材のものではないか、ということも選ぶ基準にしましょう。

夏場でもハーフパンツなどはふさわしくないので男の子であれば、長ズボン、女の子であれば膝丈以上ある長さのものを選ぶと良いです。

靴も同様にサンダルなどではなくかかとのある、シンプルなものを用意しておきましょう。

家族ぐるみで付き合いがあった方が亡くなった、あるいは親戚が亡くなったなど子供でも急にお葬式に参列することになるかもしれません。

大人に対してほど、厳しくはないものの常識の範囲というものがありますので、どのようなものなのかぐらいは知っておいてもよいですよね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    水子供養と言えば、何となく中絶した胎児のことを意味する様に感じますが、それは1970年代位からそう思われるようになった…

    遺産相続と言ったら、何となく良い事で、棚からぼた餅の様なイメージを抱く方もいるのではないでしょうか。 しかし財産には、土…

    露草(ツユクサ)はそれこそ梅雨の季節に、きれいな青い小さな花を咲かせる雑草です。 開花時期は、6月5日頃~10月頃まで…

    水子というと、水子供養や、水子地蔵尊等という発想になりますが、本来水子というのは、戒名の下に付けられる信士、信女と同じ…

    皆様は、「終活」と言う言葉をご存知ですか。 終活とは人生のエンディングに向けて、人生の最後の準備をしておこうという活動…

タグ

2015年9月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:現代終活考

このページの先頭へ