泣き女

nakionna001

泣き女という職業はご存知でしょうか。

その名の通り、「泣く」ことが役割となる仕事のことです。

え?職業?泣くことが?とびっくりされる方もいるかもしれませんね。

主に中国や韓国などのアジアで見られる職業です。

遺族は、泣き女を葬儀の参列するように雇い、弔問客の前で泣く。

人が泣いているのを見ると、連られて涙が出る人、またより悲しい気持ちになる人も少なくないでしょう。

泣き女は、弔問客の中に入り率先して泣くことで、皆が泣くことの手助けをしてくれるのです。

どうしてこのような職業があるのかということですが、儒教には葬儀の際に参列者が泣いていればいるほど、故人の生前での徳が高い表れとする考えがあります。

しかし、悲しみと涙の量は必ずしも比例するものではありません。

弔問客の涙の量=故人の徳を増やすことが泣き女の役割ということです。

泣き女は、おおげさに泣くほど良いと言われています。

妙な話ですが、人気の泣き女というものも存在し口コミなどで広まり場合によっては高収入になることもあるそうです。

中国や韓国以外には、他にイギリスやエジプトなどにも似たような職業は存在しています。

日本では、感情を表に出さないことが美徳であるという考えが少なからずありますので、葬儀の際でも悲しみを抑える方もいます。

そういった国民性から泣き女というものはあまり馴染みのないものですが、葬儀に限らなければ、飲食店に並ぶサクラであったりコンサートに参加するサクラだったりと、似たような役割のものは我が国でも割と身近に存在します。

ですから国が変われば、葬儀に対する考え方や様式も変わります。

国を知る上で、どんな葬儀文化がその国に根付いているのか、という入り口から入るのも面白いかもしれません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    昔から、カラスは不吉だと言われてきました。 カラスが変な泣き方をしていたり、近所の家の屋根の家に大量に集まっていたら、…

    ※画像はイメージです あなたにとって、「ご先祖様」とは誰を差しますか。 大抵の人が、仏壇の「〇〇家先祖代々」と書かれてい…

    暦は既に旧盆の14日、月日が経つのは本当に早いものです。 しかし、このジメジメとした気候には困ったものですね。 なんで…

    ペット愛好家の皆様にとって、家族の一員として長年過ごしてきたペットが亡くなってしまったときに、家族の墓へ一緒に埋葬した…

    和形墓、洋形墓などといった形式にとらわれない、独自のデザインの墓石のことです。 お墓を建てる方が自由な発想で職業や趣向…

タグ

2015年9月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ