送骨(そうこつ)

soukotsu001

大切なご家族の誰かが亡くなると葬儀一式から墓地の準備等々で多額の費用が掛かります。

昨今は、そういった死後費用がやむなく捻出できずに電車の網棚な駅のロッカーなどに遺骨が放棄されるケースも多くあると聞きます。

そして悲しい現実として、駅の遺失物として届けられるものの中で、遺骨は傘などに続き上位に位置するご時勢となってしまいました。

何とか火葬までは施したものの、諸々の費用面でそういった用意が厳しい場合、残されたご遺族はどのように対応したらよいのでしょう??

そこで、送骨というサービスがあります。

送骨とは、遺骨の供養をお願いする納骨堂や寺院に郵送するというサービスです。

例えば、離婚した妻の遺骨を引き取ることになったが手元に置いておくことも出来ない、親族は自分しかいないが疎遠だったのでどうしたら良いか分からないなど。。。

お墓に納骨出来ない、入れたくない、など様々な事情があるかもしれませんが、遺骨を放棄してしまうぐらいなら、せめてその前に送骨サービスの利用を検討してみるのも良いかもしれません。

費用は平均で3~5万円程度で、直接持参することもありません。

供養をお願いする寺院や納骨堂に送骨の注文をすると、送骨に必要な専用のキットが送られてきます。

送骨キットに同梱されている説明書の指示に従って、書類や申込書の用意をして送り返すだけです。

至って簡単な手続きで済みます。

現代では親族であっても疎遠になるケースは珍しくありませんし、檀家の関係もわずらわしいなどと感じる方にとっては、有り難いサービスとして受容されているようです。

遂に遺骨さえも郵送する時代なのかと驚く一方で、いまはインターネットで何でも物が購入できる時代です。

遺骨を送るサービスが現代社会で普及している現実がある、ということも自然の流れなのでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    お墓参りの代行サービスが、定着してきた感のある昨今です。 インターネットで〝お墓参り〟と入力すると、自動で〝代行ーサービ…

    お墓参り代行サービスというものをご存知でしょうか? 近年、忙しくてお墓参りができない人のために、お墓参りを代行するサー…

    現代では「散骨」や「樹木葬」など、お墓の埋葬方法や葬儀の方法まで多様化が進んでおります。 昨今、これからのお墓の形とし…

    今年もお盆休みの季節がやってきました。 お墓参りの季節になると話題になりそうなのが、お墓参り代行サービスです。 お墓と…

    殆どの方がお墓を大切維持されていることと思います。 お墓の観念が変化してきている現代においても、未だ日本人にとってお墓…

タグ

2015年6月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ