本当に香典は必要ないの?

okodenjitai001

友人や知人が亡くなられた時、その家族の方から連絡をもらいます。

その際、香典を辞退する旨を伝えられることが近年ではよく聞かれます。

告別式などは行わずに家族のみで葬儀を行う方も増えてきている影響かと思いますが、そうは言われても本当に香典は必要ないのか?

また香典の代わりに何かするべきなのかと悩んでしまうこともあるでしょう。

では、そのような場合にはどのようにして弔意を示すのでしょうか。

香典を遺族の方が辞退すると言われた時には弔問客は香典は用意しないほうが良いです。

遺族の意思、または故人の意思により香典を辞退するということなのでそれに従うのがマナーです。

香典を用意してしまうと、香典返しの準備も必要になるので却って余計な負担になってしまいます。

香典意外には、供物や供花を贈るという方法があります。

供物には、お菓子や果物また線香やロウソクなどが一般的です。

特に線香やロウソクは葬儀が終わっても四十九日や法要の際にも必ず使用しますので重宝します。

また、供花を用意する際には、葬儀社に依頼すれば5000円~程度のものを用意してもらえます。

あまり費用をかけすぎても香典を辞退されている遺族の方が恐縮してしまうかもしれませんので、自分自身の予算や故人との関係の深さなどによって選びましょう。

ご喪家から香典辞退の案内がなされた際には、御遺族のお気持ちに配慮して供物や供花などの方法で弔意を示すようにするのがベターです。

また、そのほうが故人様にとりましてもご供養につながるのではないでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    最近多いのが「香典を辞退します」というお葬式で、これまた確実に増えてきているようです。 本来の香典の意味は、葬儀費用捻…

    もし葬儀の受付を頼まれたら、特別な理由がない限りはお受けしましょう。 遺族の悲しみを考え、少しでも遺族の力となれるように…

    香典は死者にお香を供えることから始まったと言われていますが、現在の金銭を包む風習になる前は、食糧を包んでいたそうです。…

    香典とは、香や線香の代わりに、貴重な品物や、金品を備えるという意味です。 仏式の表書きには、「御供物料」「御香料」と記…

    香典の意味は、昔は亡くなった方に対してお香やお供え物を持って行くという習慣があり、香典はそういった物の代わりとして渡す…

タグ

2015年4月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ