焼香の手順と作法

osyokousahou002

葬儀や告別式の際に行う焼香の形式は主に3種類あり、それぞれに手順や作法があります。

葬儀会場など、参列者のために椅子が用意されているような式場で用いられるのが「立礼焼香」です。

立った状態で行う焼香のやり方で、一番多いのではないかと思います。

焼香の手順は

1、焼香の少し前で止まり僧侶から遺族の順に一礼をします

2、焼香台の前まで行き遺影に合掌、一礼を行います

3、焼香の後に再度合掌

4、そのまま後ろに数歩下がり遺影に一礼、元の席に戻ります

基本的に遺影に向かい、左に並び右に順番に流れていく反時計回りで進みます。

通夜を自宅で行う場合などは、座っておこなう「座礼焼香」が多く用いられます。

1、自分の次に焼香をする方に会釈し、そのまま中腰で進み僧侶と遺族に一礼を行う。

2、そのまま立ち上がらずに再度中腰で遺影の前まで移動し合掌、一礼。

3、焼香の後に合掌を行う。

4、両手を使って膝立ちし、そのままの姿勢で後ろに下がる。

5、中腰になったら僧侶と遺族に一礼し、そのまま元の席に戻る。

他には火葬場など、式場が狭い場合などに用いられるのが焼香炉を順々に手渡しで回していく「回し焼香」があります。

手順などは、立礼焼香と同じですが他の方の手元が見えるので一番とまどいがないかもしれません。

お葬式は受付から葬儀、告別式と以外と早く進んでしまうものです。

自分が参列する際には、式場がどのタイプに当たるのか確認しておいていざ焼香の順番になったときに慌てないようにしたいものです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    法要や葬儀参列の際に、困ることは何ですか? という問いに一番多く回答される項目が「焼香の作法がわからない」ということだ…

    お葬式に行くと、焼香の回数は人それぞれで、前の人の動作に合わせて行うという人が多い様です。 お葬式の焼香の長い行列を待…

    献花とは、葬儀の際にお花を供えることをいいます。 神前・霊前にお花を供えることも、同じく献花ともいいます。 仏式の葬儀…

    お葬式などで焼香すること意外では、日常的に香を炊くということは少ないものですよね。 ですのでお葬式での焼香の回数が分か…

    お墓参りのマナーと作法はどのようになっているのでしょうか? 大切だった故人や御先祖様に感謝して手を合わせることが大切で…

タグ

2015年3月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ