お悔やみを手紙で伝える

okuyaminotegami001

訃報の知らせを聞き、やむを得ない理由で参列できなかった際や、後日亡くなったことを知った時などにはお悔やみを伝える手紙を書くようにしましょう。

お悔やみの手紙は、出来れば初七日までに出すのが良いとされています。

しかし最近では、家族のみで葬儀を行う方が増えているので葬儀の後に連絡を受けた場合や、喪中はがきで初めて知るようなこともあるかと思います。

その場合でも分かった時点から出来る限り早めに手紙を書くようにしましょう。

使う封筒や便箋はシンプルで派手ではない物を選ぶようにし、間違ってもキャラクタータイプのような種類は使わないようにしましょう。

出来れば筆ペンなどで書くようにしますが薄墨タイプにする必要はありません。

また香典を一緒に送っても失礼ではありません。

ただしその際には間違っても封筒に香典のお金を直接入れることのないようにして下さい。

きちんと不祝儀袋を使用し、お悔やみの手紙とまとめてさらに大きなサイズの封筒に入れて送って下さい。

お悔やみを伝える際は本来は直接伺うことが好ましいのです。

こうしたお悔やみの手紙は、あくまでも弔問に伺えないことへの略式で有効な手段です。

弔問にすぐには行けないことへのお詫びを述べ、後日お焼香など弔問で伺う予定がある場合には、そのことについても記しておくと良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    大切な方が亡くなった時。 そんな時誰しもが、その方の葬儀に立会いたいと思うのではないでしょうか。 もちろん万難を排して…

    喪中の葉書をもらったらどうしますか? 本来であればお正月が終わった松の内を過ぎたあたりに、寒中見舞いとしてお悔やみの気持…

    もし葬儀の受付を頼まれたら、特別な理由がない限りはお受けしましょう。 遺族の悲しみを考え、少しでも遺族の力となれるように…

    葬儀の形は、ここ日本でも時代と共に変化し続けていますが、それが国も違いとなると驚くようなものも多々あります。 イギリス…

    香典についてはなんとなく分かってはいるものの、供物についてはどんなものが最適なのか、ましてや宗教による違いまでも理解で…

タグ

2015年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

このページの先頭へ