墓埋法(ぼまいほう)とは その2

bomaiho002

遺骨(焼骨・遺灰)を自宅等で保管することは、公に認められている行為です。

死後はお墓へ・・というのが常識、とお考えの方が多いようですが、実際は「遺骨はお墓に入れなくてはいけない」という法律や義務は一切ありません。

正式な手続きを経て火葬を済ませた遺骨(焼骨)の保管場所・保管方法などは、故人や遺族の意思で自由に決めることが出来るのです。

近年では「手元供養」という名称で、多くの方々が身近な供養をされています。

※遺骨の自宅保管は良くない!・・・というのは、全く根拠のない古い迷信です。

「墓地、埋葬等に関する法律」(以下、墓埋法 昭和23年5月に制定)では、墓地以外の埋葬又は火葬場以外の火葬を禁止する項目があり、第4条に「埋葬または焼骨の収蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」という条文があります。

しかし、これはお墓や霊園(納骨堂)以外の場所、例えば他人の所有地や自宅の庭等に勝手に遺骨を埋葬(地中に埋める行為)することを禁止している法律で、「焼骨を自宅等で保管することは本条に違反するものではない」という見解が示されています。

また、焼骨を加工し自宅などで供養(保管)することは、故人や遺族が望む供養の方法であれば、死者を弔う葬送のための祭祀(さいし)の行為にあたりますので、現在の法律に抵触するものではありません。

また、「遺骨を加工してはならない」という法律もないのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    墓埋法(ぼまいほう)についての説明をします。 墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法)は昭和23年に墓地や埋葬について細かく…

    本来、遺骨は墓地や納骨堂、寺院などで管理、供養するのが一般的です。 しかし、遠方でお墓参りに行くのが難しい場合や忙しく…

    ご遺骨を墓地や納骨堂などに納骨することなく、自宅に安置しておくことは可能なのでしょうか? 実は、自分と縁のある人物の遺…

    この場をお借りしまして謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 閲覧者の皆様方には旧年中のご芳情を厚く御礼申し上げます。 本…

    死者の骨を遺骨と呼び、その呼称は、一体(いったい)もしくは、一柱(ひとはしら)と数えます。 遺骨には火葬した後のものと…

タグ

2014年12月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お墓や墓地のこと

このページの先頭へ