供花(きょうか)

kyoukaookuru

供花(きょうか)とは、故人と本当に親しい方々や仕事関係の方が故人の為に供える花のことです。

通常、葬儀に参列する際には香典を持参しますが、代わりに供花を贈ってもマナー違反ではありません。

故人と本当に親しかった方などは香典だけではなく、故人の好んだ花を供えたい、という場合も多いでしょう。

供花には、主に祭壇周りに供える生花(せいか)をはじめ、枕飾りに使う枕花(まくらばな)、葬儀祭壇に飾るお供え造花や、花輪(はなわ)といった種類があります。

最近では、通夜や葬儀で用いられる供花は、菊や蘭や百合、カーネーションといった種類だけではなく、故人の好きだった赤系の花を供えたりと、本当に多種多様になってきています。

供花に掛かる金額の相場は、概ね5000円~20,000円程度のものが多いです。

そして、通夜当日に供花を贈るのであれば、なるべく当日の午前中、葬儀時に飾る供花であれば前日には届くように手配をしましょう。

供花を贈る際には、まずは事前に先方に供花を贈りたい旨を伝えましょう。

併せて、宗教の確認も出来れば尚良いです。

また、インターネットや近くの生花店に頼むことも出来ますが、葬儀場に贈る場合には式場が提携している生花店以外からの持ち込みが出来ない場合もあります。

事前に確認をし、その場合には提携している生花店や葬儀社に供花を依頼しましょう。

なお、花輪に関しては式場の規模や運営規則によっては、飾れない場合もあるのでご注意を。

特に通夜や葬儀については、地域や宗教特有の様々な風習・慣習があります。

供花を贈る際には、喪家にとって迷惑にならないよう、雰囲気など壊さないような配慮も必要です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    供物(くもつ)とは、信仰の対象となる神仏や先祖の霊に供えられる物のことを指します。 また、弔意の印であり「果物」「菓子」…

    供花(きょうか)とは、葬儀などで死者に供える花のことを言います。 故人の成仏のために供える花は、美しい浄土の意味合いを…

    別れ花とは、最後のお別れのときに棺の中に収める生花のことを指します。 告別式の後、祭壇から下ろされた棺の蓋を開け、祭壇…

    友人や知人が亡くなられた時、その家族の方から連絡をもらいます。 その際、香典を辞退する旨を伝えられることが近年ではよく…

    葬儀の際、棺を置き、その後ろには祭壇に遺影を立てかけ、供花を飾ります。 ほとんどの葬儀で用いられているのは、白木を使用…

タグ

2014年10月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ