香典の由来と意味

okouden005

香典の意味は、昔は亡くなった方に対してお香やお供え物を持って行くという習慣があり、香典はそういった物の代わりとして渡すものとされていました。

現代では従来の意味で香典を渡す方は少なく、お香やお供え物の代わりとは別物として考えられています。

故人のご家族様への心づけ、また出費も多くなることから心づけの意味が強くなってきています。

香典返しをすることは、不祝儀を繰り返すことになるので本来は香典返しをしないのですが、もらってお返しをしないのは心苦しいのでせめて、と3分の1~半額返しが定着していきました。

何とも日本人らしい習慣ではないでしょうか。

香典返しによく用いられる品物の「お茶」ですが、お茶を飲みながら故人を思い出して下さい、ということで選ばれています。

タオルやシーツなどは、亡くなった人があの世に旅立つ際に白装束を身に着けることから、さらしが利用されていた名残です。

また、石鹸や砂糖は実用的だからということももちろんですが、石鹸は悲しいことを洗い流すといった意味がこめられています。

その他には、食べてなくなる「消え物」が良いともされています。

香典返しが郵送されてきた場合には、不祝儀を繰り返さないということでお礼状などを書く必要はなく、失礼にもあたりません。

香典は故人に送るもの、香典返しはそういった参列者の思いを故人に代わり返す行為です。

香典の形態は、時代と共に変わっていきますが、送る側も送られる側も故人を偲び、思いをはせることは少しも変わってないのかもしれません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    最近多いのが「香典を辞退します」というお葬式で、これまた確実に増えてきているようです。 本来の香典の意味は、葬儀費用捻…

    香典にいくらつつめばいいのか? とても悩むことですよね。 これは地域によっても違いがあるので、そういったことに詳しい人…

    もし葬儀の受付を頼まれたら、特別な理由がない限りはお受けしましょう。 遺族の悲しみを考え、少しでも遺族の力となれるように…

    友人や知人が亡くなられた時、その家族の方から連絡をもらいます。 その際、香典を辞退する旨を伝えられることが近年ではよく…

    香典とは、香や線香の代わりに、貴重な品物や、金品を備えるという意味です。 仏式の表書きには、「御供物料」「御香料」と記…

タグ

2014年10月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ