仏壇の手入れの仕方

butsudanoteire001

『仏壇』のお手入れはとても重要です。

比較的に高額な仏壇を長く使っていくことに影響があります。

仏壇は木製で主に漆塗りや金箔、金具で構成されています。

ですから、素手で触るとどうしても指紋や皮脂が付着していきます。

皮脂はべたつきますので、そこに埃が付着し溜まっていきます。

その埃が湿気を帯びると固まって取れにくくなりますし、その埃自体が虫や雑菌の住処になり、仏壇が虫食いの被害に遭うかもしれません。

ですので、近年販売されている静電気などで埃をとるハンディモップなどで掃除をしましょう。

仏壇用の掃除道具も昔に比べて充実していますので、利用をおすすめします。

漆塗りの部分は、水で拭くと漆がはがれるので止しましょう。

眼鏡拭きのような細かいクロスなどでやさしく拭くと良いでしょう。

細かい彫刻部分は、小筆やベビー用の柔らかい面棒を利用します。

金箔部分は、ハタキなどで軽く埃を落すに留めます。

とにかく、直接、触らないようにするのが一番です。

金具は、メッキのはがれに注意します。

一度はがれるとそこから腐食が進みます。

埃を落として空拭きするのが良いでしょう。

御本尊や位牌も軽く埃を払うだけにします。

木造の御本尊は、細かい細工がしてあるだけでなく、時間が経つとどうしても脆くなるので破損し易くなります。

汚れが酷、破損した場合は、仏具店に早めに依頼をしてください。

仏具は比較的、金属製なので丈夫です。

真鍮製のものは、やわらかい布などで、から拭きします。

使っていくうちに光沢が無くなっていくので、洗浄剤を使うと元の光沢を取り戻せます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    仏壇の掃除ですが、仏壇が金仏壇か、唐木仏壇かによって掃除の仕方が違います。 仏壇は、伝統工芸品と言っても過言ではありま…

    仏壇は、伝統工芸品と言っても過言ではありません。 仏壇にはぴんからきりまでの品がありますが、中には美術品といえるような品…

    お盆や、法要の前、正月を迎えるための年末大掃除。 気になるのが、埃を沢山かぶっている仏具のお手入れ方法ではないでしょう…

    『開眼供養(かいげんくよう)』とは、僧侶の手によってお墓・仏壇などに魂を入れる儀式のことをいいます。 ほかに『開眼法要…

    殆どの方がお墓を大切維持されていることと思います。 お墓の観念が変化してきている現代においても、未だ日本人にとってお墓…

タグ

2011年8月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ