故人の遺影の取り扱いについて

goiei001

故人の写真を『遺影』として安置する人もいるかと思います。

宗派によっては、位牌のように配置する場合もあるかもしれませんし、置くことを避けたい宗派もあるかと思います。

置く場合は、遺影が大き過ぎて御本尊に掛からないように注意も必要です。

詳しいことは自分の檀家の僧侶や仏具店に尋ねてください、としか言えません。

どうしても置いておきたい場合は、置いても構わないと個人的には思います。

ですが、宗教的には仏壇の中にはあまり飾っては欲しくない場合もあるのではないかと思います。

なぜなら、すでに故人の位牌自体が、仏壇の中に安置されているからです。

そもそも、本来の仏壇とは、そのお家で信仰される御本尊をお祀りする場であって、御先祖様の位牌や遺影を安置する場所ではないのです。

現在では仏教の信仰と先祖祭祀の関係上、便宜的に仏壇に位牌や過去帳を安置してお参りしても差し支えのないことになっているだけのようです。

という考え方ですと、なるべく、仏壇の中には遺影や写真を飾るのは避けるべきでしょう。

やはり総合的に考えて、仏壇の手前など、御本尊よりも低く被らない位置に配置して置くのがいいのではないかと思われます。

遺影を仏壇に置こうが置くまいが、亡くなった故人を敬い偲ぶ、遺族の気持ちに変わりはないと思います。

最終的には、御家族の判断によって決めるのもいいかもしれません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます:

    核家族化が進み、自宅に仏壇がない家庭が増えたことで位牌に馴染みがない方が増えています。 急に家族が亡くなった場合どのタ…

    位牌(いはい)は、仏壇に安置する本位牌を指します。 位牌の始まりは、仏教ではなく中国の儒教がルーツになっている説があり…

    仏具の各配置については、それぞれ個別に別項で説明を終えていますので、ここでは配置について、具体的におさらいをしましょう…

    灯篭(とうろう)、といっても様々な形状とその用途があります。 仏壇の天井部分から左右一体で吊り下げて、中を照らすのも『…

    位牌は故人の戒名を書いて仏壇におさめる木札として知られています。 通常は本位牌と呼ばれるものを使用しますが、本位牌には…

タグ

2011年7月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇と仏具

このページの先頭へ