お墓参りと仏事の知識や墓所管理のことならトミタ

お墓参りと仏事のblog 最新記事

2017年9月14日日々雑感
参道と産道
2017年9月7日最新情報
おそうじの会
2017年9月1日最新情報
お彼岸の「お中日(おちゅうにち)」とは
2017年8月25日最新情報
松葉谷法難会
2017年8月23日ご供養について
お盆レシピ

参道と産道

お寺の門(あるいは神社の鳥居)から本堂(お宮)までの道を参道といいますね。

これは、一説によると、生き物が生まれてくる、特に人間が母親の胎内から生れてくる道:産道に由来するのではと言われております。

また、逆に参道から、産道になったとも言われています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2017年9月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日々雑感

おそうじの会

池上本門寺では、毎月第2・4水曜日の午前9時40分から11時まで「おそうじの会」が催されています(午前8時30分時点で雨天の際は中止です)。

最初は、お坊さんと職員だけで始めたものでしたが、今では、檀信徒だけではなく、大勢の「お掃除し隊」になりたいみなさんの参加があります。

掃除をしたところが、キレイになるという実利と同時に、なんとも言えない清々しさが味わえるのです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2017年9月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報

お彼岸の「お中日(おちゅうにち)」とは

さて、そろそろ秋のお彼岸の季節がやってまいりました。

2017年の期間は、9月20日(水)から、お中日の23日(土)を挟んで、26日(火)までの7日間です。

「彼岸(ひがん)」とは本来、煩悩を脱した悟りの境地のことをいいます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2017年9月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報

松葉谷法難会

日蓮聖人が、文応元年(1260年)7月16日に、鎌倉幕府五代執権北条時頼に「立正安国論」を提出しました。

その内容が当時すでに起こっていた地震や異常気象、疫病や飢餓が、法然をはじめとする念仏教や禅教などの邪教に起因するものだと、厳しいものでした。

それだけに、幕府へ宗教政策の転換(法華経を正法とする)を促すものでした。

政治の当局者をいさめる行為。

時頼は、事を荒立てるのを嫌い、聖人の予言・警告を無視しました。

しかし、幕府上層部の念仏信徒が、聖人の暗殺を企てたのです。

当時、聖人は、今でいうところの神奈川県鎌倉市にある松葉谷に草庵(後の法華堂)を構えていました。

文永8年(1271年)の龍ノ口法難までの約18年間、布教活動のための起居の場所でした。

ところが、「立正安国論」提出から約1か月後の8月27日に、上層部にそそのかされた念仏信徒(浄土教信者)によって草庵を夜間襲撃され、焼き討ちされたのです。

これをもって「松葉谷法難」と呼びます。

奇跡的に、聖人は、下総国中山に避難しました。

しかし、長くとどまってはおらず、しばらくは下総の土地で布教したのち、翌弘長元年(1261年)5月に、また草庵に戻りました。

その後すぐ5月12日に「伊豆法難会」が起こってしまうのです。

しかし、聖人は「法華経」の中で予言していた「法華の持経者は、しばしばところを追い出され、自分の住む寺から遠く離れることになるであろう」ですので、苦難に屈することはありませんでした。

8月27日は、日蓮聖人の徳を偲んで、法要を行っています。

11時から法要。

13時から法話が、松葉谷法難会として池上本門寺大堂で営まれます。



池上本門寺ウェブサイト>年間行事

タグ

2017年8月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:最新情報

お盆レシピ

お盆に是非食べたい、また仏さまにあげたい、食べ物のレシピです。

〇ずんだ餅
以前は宮城県を中心にした東北地方だけで食べられていたものですが、今は全国区のお持ちになりました。

市販のできてる冷凍のずんだ餅もありですが、自宅で自分の味で作るずんだ餅もまたとてもおいしいものです。

材料:枝豆2束(冷凍ではないもの、八百屋さんで売っています)
    白砂糖  お好みの量
     塩     少々

作り方

①枝豆を、枝から慎重にもぎ取り、塩ゆでにします。
おおよそ10分。ビールのおつまみに食べる程度の硬さでOKです。

②熱いうちに、さやから豆を取り出し、豆の薄皮をきれいにむきます。

③すり鉢に豆を入れて、すりこぎで、つぶし、すります。

④すって、豆の形がなくなりつつある段階で、砂糖を投入します。
少しずつ入れて、自分が納得のいく甘みにします。

*水は絶対に入れてはいけません。ミキサーも程よい硬さを越してしまうので、昔ながらのすり鉢がよいのです。

⑤クリーミーになったら、塩を一つまみ(親指と小指で挟める程度)入れて、味を調えます。

⑥お餅は、ご家庭の餅つき機でついてもいいです。また、今は市販の餅をお湯に浸してレンジで2分でつきたてのお餅になる調理器具が100円均一にもあるので使ってみてください。

⑦お餅に、ずんだ餡をかけて召し上がれ。最初にお仏壇にあげてから!。

*この応用で、枝豆でなく、クルミをすり鉢でするととクルミ餅になります。クルミには、塩ではなく、酢を小さじ1入れて味を調えます。

次に、
「きゅうり揉み」のレシピです。
キュウリが豊富な夏、火を使わず、口の中もさっぱりして、仏さまもきっと大好きな味です。

材料:

きゅうり    3本

七色豆麩  パッケージの半分

酢       大匙5

砂糖      大匙6~

塩        少々

①きゅうりを薄くスライスして、ボールに入れて塩で揉みます。
軽く揉んだら、1時間くらい放置します。

②耐熱容器に、酢と砂糖を入れレンジで2分。
甘酸っぱい液になるのが完成品なので、砂糖の量はお好みで加減。
そのまま粗熱をとるため放置。

③七色豆麩は、水に浸しておきます。

④1時間放置したきゅうりを、水で塩分を洗い流し、きつく絞ります。

⑤水に浸して柔らかくなった豆麩もきつく絞ります。

⑥きゅうりと豆麩を合わせ、甘酢をかけて混ぜたら、一晩冷蔵庫で味をなじませます。

⑦翌朝の、仏さまのお膳にあげたら、できあがり。

以上、田舎料理ですが、素材の味を生かした簡単だけど手間暇かかっているものを仏さまに食べていただきましょう。

タグ

2017年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ご供養について

このページの先頭へ